活動方針

ホーム

お知らせ

活動状況

会則

全国酒米統一分析方法

入会方法

リンク

会員専用

平成31年度(2019年度)活動方針

1 原料米の全国統一分析

@2019年度産米
 2019年度産米について、全国の収穫に関するデータと早期酒造概況の把握に努めるととも11月に〜12月上旬にかけて、早期に実施された酒造適性分析の結果を解析して2019年度産米の酒造適性を予測する。

A酒造用原料米全国統一分析のデータ解析
 酒造用原料米の全国統一分析について、過去に蓄積されたデータを解析し、酒造用原料米の酒造適性要因の解明について検討する。

2 酒米研究会及び酒米懇談会

 原料米の全国統一分析には多数のグループが参加し、これまで膨大なデータの蓄積がある。酒米研究会の活発な活動と各グループ間の情報交換を行うため、第45回酒米研究会を開催する。また、原料米の酒造適性を総合的かつ有機的に研究を進めていくための情報収集の場として、米に関連のある専門家を招いて第43回酒米懇談会を開催する。